スタイリスト白男川清美
さんが提案!
and wanderで作る
シティスタイルのすすめ。
vol.2 autumn

突然の大雨や記録的な猛暑に寒波などなど。アウトドアのフィールドはもちろんのこと、都市部においても変動が激しい昨今の自然環境。そんな不安定な天候にも対応し、快適に過ごせるシーンレスのウェアがand wanderにはたくさん存在します。
ここでは、スタイリストの白男川清美さんが2022年の秋冬コレクションをベースに、“街着”として取り入れられるリアルコーディネートをご提案。
高いデザイン性とその裏に隠された機能性にも注目してほしい。

保温性と通気性の相反するスペックを
あわせ持つ多機能アウターに注目。

アクティブかつスタイリッシュな
モノトーンスタイルの現在形。

軽くて丈夫、それでいてあったか。
寒暖差の激しい季節にぴったりの1枚。

温かくそれでいて蒸れない機能素材にレデイなプリーツスカートを合わせた都会的ワントーン。

Pick Up Item

保温することを目的とした従来の化繊中綿に、抜群の通気性能をプラスしたのがPOLARTEC社の「ALPHA」である。その高機能素材を採用したand wanderの「alpha AIR」シリーズは、心地よい暖かさをキープしつつも、蒸れにくいという特性を持った優れもの。寒暖差の激しい冬のアウトドアフィールドでのミドルアウターとしてはもちろん、タウンユースのメインアウターとして春先まで活躍する使い勝手の良さがポイント。
左 alpha AIR T ¥30,800(税込)
右 alpha AIR long pants ¥38,500(税込)

「ちょっとしたディテールであったり、サイジングであったり、アウトドアウェアがベースだからこそ気がつくデザイン性に注目してほしいです。かゆいところに手が届く、そんな印象のアイテムがand wanderにはたくさんあります。それらはもちろん街着としてのアレンジが可能だし、故に着こなしのバリエーションも豊富に考えられるので持っておくと便利だと思います。今回は、タウンユースにもおすすめしたい、『alpha AIR』シリーズのアイテムをピックアップしてみました」(白男川)

「まず、このミリタリー調のカーキ色がいいですね。ストリートでも合わせやすいカラーだし、柔らかな素材感により無骨な印象には決してならないというのもポイントです。中綿入りではありますが、やや長めのハーフスリーブなので、寒暖の激しい秋口にはちょうどいいアイテムです。それでいて嫌な汗やムレ感を解消する通気性の良さも兼ね備えているので機能性も抜群。フロントに大きめのジップポケットが付いているのも便利ですね。ちょっとそこまでっていう、買い物時にわざわざバッグを持ち歩くのが煩わしい人なんかにもおすすめ。暑さを軽減するためのベンチレーションとして役立つ両サイドのジップは、何気にレイヤードしたときにも活躍するディテールです。スリットのようにジップを開けて、そこからインナーをチラ見せさせたり、服にニュアンスの変化をつけたいときなど、自由なアレンジで着こなせます。それとリフレクターのステッチは、デザインとしてアクセントになるだけじゃなく、夜間の歩行時などにも安心な実用性も兼ね備えた都会派アイテムなんです」(白男川)

〈vol.3〉10/7 fri UP!

白男川 清美 しらおがわ・きよみ
鹿児島生まれ。スタイリスト平澤雅佐恵氏に師事し、1999年に独立。女性誌やライフスタイル誌、広告、カタログ中心に活動中。著者に「いつものアウトドア 白男川清美の山でも、街でも、着たい服」(飛鳥新社)
白男川 清美 しらおがわ・きよみ

Edit, Text: Yu-ka Matsumoto
Styling: Kiyomi Shiraogawa
Photographer: Tomofumi Usa
Model: Kohei / SONYA